2017年1月22日日曜日

八千代市政50周年式典に寄せて

本日、八千代市制施行50周年記念式典が、八千代市民会館で、多くの市民の皆さまのご参加をえて、とても盛大に開催されました。

私も午後、お伺いして、お祝いをさせて頂きました。

会場では偶然、今日、八千代市のPR大使に任命されたジャングルポケットの斉藤慎二氏のお母さまのお隣になりました。

八千代市育ちの斉藤氏が15分ほどのスピーチをされましたが、その中で、八千代での思い出とともに、
今の人生に導かれたお母さま、お父さまへの深い感謝のお話をされました。お母さまのお気持ちを思うと、本当に胸があつくなりました。

もう一人、八千代PR大使に任命された岩崎ひろみさん。ご実家は、八千代台駅西口のラーメン屋さん「パンケ」。私もこれまで数回、ご馳走に伺っている美味しいお店です。八千代で育った素敵な思い出話とともに、「みなさんには、パンケのPR大使をお願いしたい」と、茶目っ気いっぱいのご挨拶でした。

素敵な市民のみなさんの、ますますのご健康、ご活躍と、八千代市のますますのご発展を願っています。

ひぐちひろやす


以下に、式典にお送りしたメッセージを付記します。


八千代市制施行50周年記念式典のご盛会を、心よりお慶び申し上げます。

大和田町、睦村、阿蘇村、志津村の一部が合併から50年。今や人口約19万人、県下7番目の活気に溢れた葛南地域の主要都市へと成長しました。

穏やかな自然と地元に根づいた農業や酪農業、3つの工業団地を持ち、物流・商業の核となり、県下で大きな役割を果たしています。また地域の文化や教育も大いに向上、発展を遂げてきました。

こうした発展は言うまでもなく、市民の皆さまが八千代市と地域を大切に思い、取り組んでこられた不断の努力の賜物です。心から敬意と感謝の意を表します。

結びになりますが、皆さまのますますのご健勝とご多幸、八千代市のさらなるご発展をお祈り申し上げます。

民進党千葉県第2区総支部長
ひぐちひろやす