2015年4月11日土曜日

統一地方選挙、出来ることを精いっぱい。

こんにちは。

またしばらく間が空いてしまいました。
ブログは少し、落ち着いて、まとまったことを書こうと思っているので、
どうしても、外回りで飛び回ることが多くなると、
ブログなどの更新がおろそかになっていまい、
もっぱらフェイスブックやツイッター頼りになってしまいます。

統一地方自治体選挙が始まっています。
明日12日の日曜日が投票日になります。

私の民主党千葉県第2総支部の地方議員のみなさんも、
今日、最後の訴えをしています。
八千代市、習志野市、千葉市花見川区で、
千葉県会議員候補3人、千葉市議会議員候補2人、
全員当選を期しています。

朝、出勤前の駅頭のお手伝いや、有休をとっての日中の挨拶まわり、
街頭や車に乗っての応援活動など、出来ることを精いっぱい取り組んでいます。

千葉県では、95名の県議会議員の議席のうち、前回は56議席が自民党系でした。
その中で、議員定数の削減などの改革は握りつぶされてきています。
多様な県民の声やニーズ、要望を議会に届け、活発な議論を戦わせながら、
県民にとってよりよい政策・施策を練り上げていくような県議会にしてほしい。
そのためにも、もっと緊張感と活力が必要で、ぜひ、民主党の仲間のみなさんへの応援を、
お願いしたいと思います。

今、国政においても巨大与党のひとりよがりの暴走が続いています。
地方創造と言いながら、相変わらず霞が関が補助金や指導・通達などで
地方自治体の手足を縛っています。
沖縄の例のように、県民の声を一顧だにせず、
「粛々」と辺野古移転を進めるという、まさに羊頭狗肉。
口先三寸の国民、県民、市民の声をないがしろにした政治が跋扈しています。

こうした今の驕る政治に対して警鐘を鳴らすためにも、
ぜひとも民主党への応援を、お願いいたします。

ひぐちひろやす