2014年6月20日金曜日

2050年を見据えて:ご案内2件(政策発表、第1回民主党大学)

みなさん、こんにちは。

今日は、二つ、ご案内のシェアです。

ひとつは昨日、「暮らしを守る研究会:少子化・人口減少問題検討チーム」(座長:蓮舫参議院議員、事務局長:泉健太衆議院議員)と「民主党行財政改革総合調査会」(会長:前原誠司衆議院議員、事務局長:小川淳也衆議院議員)が、2050年を見据えた少子化・人口減少に対する政策と、そうした中での財政健全化のための政策を共同で発表しました。

少子化・高齢化・人口減少が急速に進むわが国において、50年後を視野に入れた政策を今から始める必要があります。また社会保障、子育て支援はじめ、そのための政策を支えるためにも、財政健全化は基礎条件です。ぜひ、みなさんにもご一読いただいて、検討、議論をいただければと思います。詳しくは、以下のホームページをご覧ください。(http://www.dpj.or.jp/article/104601/

二つ目は、この内容とも関連するのですが、あらためてのご案内です。

民主党では、来る6月28日(土)に党本部で第1回民主党大学を開催します。
第1回のテーマは「社会保障政策」。

少子化・高齢化・人口減少が進む中で、地域の消滅などと危機的な状況が迫る中で、消費税増税など国民負担が増え、社会保障制度のあり方はもとより、地域での支え合いなど、あらためて共助、公助のあり方をみなで取り組まなければ、国民生活の安心、安定は損なわれていくと思います。

第1回の民主党大学では、民主党の国会議員と一緒になって議論し、あり方を検討していただければと思います。より多くのみなさんがご参加いただければとのことで、あらためてご案内をシェアさせていただきます。詳しくは、下記のホームページをご覧ください。(http://www.dpj.or.jp/article/daigaku

また、内容についてのお問い合わせは、それぞれ民主党政策調査会、民主党国民運動委員会にお寄せください。私でお返事できるものについては、メールでお応えします。

民主党千葉県第2総支部 ひぐちひろやす