2013年3月15日金曜日

近況のご報告!

春の訪れを感じるこのごろ。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

近況のご報告です。

 今、国会では、平成25年度予算の審議が佳境を迎えています。私たちが納める税金の無駄遣いをなくして、本当に国民生活の安心と安全を支えるために使われるように、民主党の国会議員は予算委員会での海江田代表、細野幹事長、岡田最高顧問をはじめとして一丸となって政府を質しています。

 私は政策調査会のスタッフとして、国会質問のお手伝いや内閣部門関係の政策を担当しています。

 中でも民主党綱領にある「共に生きる社会」の柱となる「新しい公共」に関する政策を担当しています。先日13日には、党の国民運動委員会NPO局が毎年開催している「NPO関連予算ヒアリング」にNPOのみなさんとともに参加するとともに、いろいろなご意見を伺いました。自殺対策に取り組んでおられるNPOライフリンク代表の清水康之氏から、民主党政権で参与として自殺対策の政策実施にNPOの声や活動を反映されるために取り組んだ経験と課題について伺いました。
 
  また東日本大震災から2年。復興への道のりはまだまだこれからです。被災者のみなさん、地域のみなさんの生活はもとより、東日本の復興なくして日本の再生はなしえません。野党となりましたが、党としても、また今を共に生きる国民のひとりとしても、引き続き精一杯、できることに取り組んでいきます

党では東日本復興推進本部が中心となって全党挙げて活動していきます。国会では、先の予算委員会の集中審議において、自らも被災されてご家族を亡くされた岩手県の黄川田徹衆議院議員などが質問に立ち、現地の声、状況を踏まえて政策提案を行いました。民主党は復興支援は与野党を超えて、政治が一体となって取り組むとの姿勢で臨んでいます。http://www.dpj.or.jp/article/102118/

 私自身も3月23、24日には、福島県南相馬市、飯館村、川内村に復興支援視察に行ってきます。1区の田嶋要衆議院議員にご一緒に視察するとともに、現地の農家にお泊めいただいてお話を伺ってきます。この報告会は来月の「八の日・ミーティング」でさせていただきます!

では、引き続き、よろしくお願いします!